諸事情&手根管症候群になった為、更新が低下しております。

その他

映画【アナと雪の女王2】吹き替えの評価は?感想&ネタバレ&考察してみた!

2019年11月23日




2019年11月22に、ついに待ちに待ったディズニー映画『アナと雪の女王2』が公開されましたね!😆✨

私ほんとにこの作品大好きで、前作は2D、3D(2回)、4DXと計4回観に行きました✨

 

資生堂から発売した「アナと雪の女王のコスメ」も買おうと思ったんだけどね、完売してた😭

どれだけ人気なのか、よく分かりました(笑)

また手に入ったらレビューしようと思います😊

 

【追記】

手に入ったので、レビューしました!良ければみてね😊

コラボコスメ【資生堂×アナと雪の女王】のアイライナーは色落ちなし?世界観も最高!

続きを見る

 

で、話を戻すけど、映画「アナと雪の女王2」を、早速初日に観に行ってきました!

私の映画館では3Dはなかったので、今回は2Dです。(本当は3Dで観たかったな~)

ということで、ネタバレを含みますが、感想や考察を書いきます😆✨

作品情報:ディズニー映画「アナと雪の女王2」

 

あらすじ

雪と氷に覆われたアレンデール王国に陽光を取り戻し、深い絆で結ばれた姉エルサと妹アナ。氷や雪を操る魔法の力を持つ“ありのままの自分”を受け入れたエルサと、明るいキャラクターが持ち前のアナは、仲間たちに囲まれて幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、エルサにしか聞こえない不思議な歌声により、姉妹は未知の世界へと導かれる。それは、エルサの魔法の力の秘密を解き明かす冒険の始まりだった。姉妹は仲間のオラフやクリストフとともに、数々の試練に立ち向かっていく。

引用:映画.com

 

スタッフ&キャスト

原題:Frozen II

製作国:アメリカ

配給:ディズニー

上映時間:103分

前作の上映時間が102分だったから、時間的には変わらないね♪

 

キャスト

監督:クリス・バック/ジェニファー・リー

製作:ピーター・デル・ベッチョ

製作総指揮:バイロン・ハワード

原案:ハンス・クリスチャン・アンデルセン

脚本:ジェニファー・リー

監督と製作は、前作と引き続き同じ方々が行いました!

そして、製作総指揮は、こちらも有名な作品「ラプンツェル」を監督した方です♪

素敵な映像になるのは、間違いなしだよね✨

 

キャスト

エルサ:イディナ・メンゼル

アナ :クリステン・ベル

オラフ:ジョシュ・ギャッド

クリストフ:ジョナサン・グロフ

イドゥナ:エバン・レイチェル・ウッド

マティアス少尉:スターリング・K・ブラウン

※吹き替えは後ほど。

海外の吹き替えの方々です♪

調べたら、他にもキャストの名前が複数載っていました。

ですが、キャラクター名付きで書かれていたのは、上記の方のみだったので、この6人のみ記しておきます。

 

吹き替えキャスト&キャラクター紹介

「アナと雪の女王2」での重要人物の5人のみを書いておきます。

オラフの声優さんは、ピエールさんの事件がきっかけで変更になっています。

 

【キャラクター名/日本語吹き替えキャスト】

 

エルサ/松たか子

W主人公の1人。今作24歳で妹はアナ。雪と氷の魔法が使えるアレンデール王国の女王。まじめで落ち着いた性格。

前作では、魔法のことを隠していたが、ありのままの自分でも大丈夫なことを知り、現在は王国の人々も知っている。

 

アナ/神田沙也加

W主人公の1人。今作21歳で姉はエルサ。魔法は使えないが、勇敢で行動力がある。好奇心旺盛で活発な性格。

前作の髪型は三つ編みだったが、今作ではハーフアップ。恋人はクリストフ。

 

オラフ/武内駿輔

生きている雪だるま。エルサの魔法の力によって生まれた。明るい性格。

幼少期にアナとエルサが作った雪だるまがモチーフになっている。

 

クリストフ/原慎一郎

山で育った青年。今作24歳でトナカイのスヴェンとは相棒。

前作では氷を売って生計を立てていて、ひょんなことからアナと出会いともに旅をし、最終的に付き合った。

トロールとは、家族同然な程仲がいい。現在は王国に住んでおり、氷を運ぶ係をしている。

スポンサーリンク

アナと雪の女王2の感想

なんでも前作と今作のを合わせて、1つの作品が完成したことになるんだって!

 

そして前作、ふと気になった方もいるだろうポイント・・

・エルサには、力が与えられたのか?

・アナとエルサの両親は旅に出たのか?

・アレンデール王国の外の世界は?

が、描かれているそう!

 

確かに気になるポイントだけど、深く考えない私は疑問にも思っていなかったよ(笑)🤣

でも明らかになって、作品が深堀されるのはワクワクするよね!

 

簡単にだけど、これらのポイントは、ネタバレのところに書こうかな?

気になる方のみ後で見てください😊

ネタバレ前に、ちょっと感想を綴っておきます!

 

前作を見てから行った方がいい

私的には、前作を見ていない方は、見てから映画館に行くことをおすすめします!

 

定期的に前作の話、そして断面的な映像が出てきます。

見ていない方は、少し理解できないかも!

まぁ、簡単にだけど、オラフが説明してくれるんだけどね😊

オラフの説明が理解できるかは別として🤣(笑)

 

私的には過去作品のキャラクターを今作も見えて嬉しかったな😆✨

トロール、ハンス、エルサが作りだした雪だるまなどが出たよ✨

 

精霊の話をテーマにしている

今回は、精霊が住む森が舞台になっています。

そこに住む民族は、精霊と共存して生きていました!(あえて過去形にしておく)

 

全部で5種族。炎、水、大地、風。そして民と精霊の間をもつ氷。

精霊も沢山でてくるし、映画の始まりも精霊に関する話からスタートするよ😊

 

前回よりファンタジーが増している

エルサが氷と雪の魔法を扱えるだけあって、前作もファンタジーでしたが、今作はもっとすごい!

ハリーポッターじゃない!?と思うほど、ファンタジー感が強まっています!

 

それだけ精霊と魔法の映像が多いんだ😳✨

だから、もし魔法系が好きな方にとっては、特にワクワクするんじゃないかな!?

 

水は記憶を覚えている

今作のキーポイントは、「水の記憶」です。

水は、今までの記憶を持っているんだって!

オラフが言うには「水は動物や人の身体を4回は通ってきている」みたいなことを言っていた😆✨

 

確かに「水を飲む」⇒「排泄する」⇒「濾過(ろか)される」⇒「海に行き蒸気になって雲に」⇒「雨になる」みたいにループしているもんね!

オラフが話しているとき、スヴェンは水を飲んでいてウェッ!ってなっていた🤣

 

そして水の記憶を頼りに、エルサが過去を解き明かしていくよ!😆✨

 

オラフがより子ども向けになった

もともと前作でもオラフは、子どもに愛されるキャラクターでした!

 

今作は、子どもを対象に狙ったかのようなシーンが多かったです。

映画館で子どもたちが、キャッキャッと喜んでとても笑っていました!

 

私的にはちょっと狙った感が出すぎで、まるで夕方のNHKかな?と思ってしまったりも。

オラフのシーンは、前作ぐらいが良かったな~。

 

ちなみにオラフの声優が変わったけど、違和感全くなかった!

むしろ、パワーアップして帰ってきた感があった😊

 

今作も歌が多い!クリストフのソロ曲もあるよ!

今作も歌が多くありました!

前作に比べて、曲のテイストの幅が広がったように思いました!

 

だから、毎回曲が新鮮な感じがして、より楽しめた😆✨

前作のようなテイスト曲やアレンジ曲。

カッコいい曲に、子ども向けの歌。

そして、ポップス😳

 

今作ではクリストフの歌があります!今時な感じに仕上がっていました!

しかも映像は、まるでPVを見ているような感じ(笑)

なんか「急にどうした!?」って、心の中で突っ込んじゃった🤣(笑)

でもこれが、いい曲なんだよね!そのうちカラオケで歌うかも!

スポンサーリンク

ネタバレ&考察

ネタバレ&考察を書いていくけど、見たくない方は飛ばしてね😖

 

エルサには、力が与えられたのか?

これがまた複雑だった!

簡単にいうとエルサは、第5の精霊!

そして精霊の住む森の民とアレンデール王国の仲を取り持つ存在みたいな。救世主みたいな感じ!

 

話すと全てのストーリーを話してしまいそう(笑)

ん~。いっそ簡単に話してしまおうか!見たくない方は飛ばしてね!

 

ザッというと・・

30年以上前のこと。精霊の住む森の民とアレンデール王国が対立

4種族の精霊が怒る。そして人間が精霊に負ける

アナ&エルサの父(子ども)がピンチ!そこに母(子ども)が父をかばう

母が精霊に助けを求める

第5の精霊(エルサ)が母&父を助ける

第5の精霊が、母の子供として生まれてくる

今作で第5の精霊の源が、エルサに自身の存在を思い出させる

精霊の森とアレンデール王国を助ける

みたいな感じ!少し私の考察も入っています!

1回しか観てないから、正直不安なとこもあるし違うかもだけど、大体こんな感じ!(大雑把だ🤣)

 

なぜ対立することになったのか。そしてどうやって助けるかは、見てのお楽しみにしておきます😊

 

アナとエルサの両親は旅に出たのか?

アナとエルサの両親は、どこかの王国に行く予定だった。という考察や噂がたっていました。

 

それが今回明らかに!

実は、エルサの魔法の源である場所に行こうとしていたんです!

その証拠に、精霊の住む森に沈んだ船が沖に流れていました。(源は精霊の森に近い場所にある)

 

そしてエルサが水の記憶を読み、両親を確認しました。

噂では両親が生きている。という考察をしている方もいましたが、両親は多分生きていないと思います。(真実は分かりませんが😖)

 

アレンデール王国の外の世界は?

公式には「アレンデール王国の外の世界は?」と書かれていましたが、基本はスヴェンに乗っても半日かからない近場でした!

そこまで遠出した感はないですね!

だから、「世界を見てきた!」って感じはしなかったです(笑)

 

最終的にはどうなったの?

これは完全なるネタバレになるよ!だから、細工をしておくね!

大丈夫な方だけ見てください😊

 

+ 大丈夫な方だけクリック!

エルサは精霊の住む森に住むことになったから、アレンデール王国は、アナが女王になったよ!

そして、クリストフが王様になりました😊

でも精霊の森は近い方だから、会える距離にいるよ♪

完全な離ればなれじゃなくて良かったけど、少し悲しいな~とも思った!

スポンサーリンク

私が気になっていること!(考察&感想)

私が映画を観て気になったことを、ただただ呟きます(笑)

ある意味ネタバレだけど、映画を観ないと分からないかも😊

 

精霊はそれぞれ複数いるの?

火と風の精霊は1匹に思えたけど、大地のは沢山いたから、4種族は複数いると思っていいのかな?

水の精霊は2回出てきたよね。1回目はバトルしたとき。2回目は助けてくれたとき。あれは別の馬?

でも助けてくれた時は正常になっていたから、バトルした馬なのかな?

 

大地の精霊だけ、複数いると思ってOK?この辺が結構気になる!

 

エルサは精霊界の長みたいな感じ?

エルサは精霊の長?リーダー的存在なのかな?

火、水、大地、風は民と共存していました。

だから、服や石造にもこの4種族のみが描かれています。

 

ですが、民の1人の女の子が「この4つの精霊以外にも第5の精霊がいる。」と間をとりもつものとして言われていました。

 

そしてエルサは、風、火、水の精霊とバトルしています。

それぞれの種族は怒り狂っていて、エルサに牙を向けるんだけど、案外すんなりと怒りが収まります。

 

最初は、「あんなに怒っていたのに、唐突の仲良し!急展開すぎないか!?」と思ってた(笑)

けど、もしバトル中にエルサが第5の精霊なんだと気付いたことで、怒りを収めたのならある意味ボスよね!?

対等の立場なら、30年以上怒り狂った気持ちを簡単に抑えることは出来ないと思う。

 

それに大地の精霊もエルサを探すようにウロウロしてたし、最終的には頭を下げていた。

そして、水の精霊を使いこなしていた!

長やリーダー的存在ってことでいいのかな?

 

風の精霊の姿が気になる

精霊には、それぞれ姿があります。

火はトカゲ。水は馬。大地は岩の巨人。風は...?

風だけ名前はつけたものの、生き物としての姿がない。

 

あの葉っぱが身体なのかな?でも大きな竜巻になったとき、葉っぱなんて無かったよね?

透明なのかな?少しだけ気になってます(笑)

スポンサーリンク

まとめ

「アナと雪の女王2」は、前作と違って話が少し難しめに感じました!

だから、1回観ただけじゃ少し理解できないところもあったかな!

 

それと、描かれていないところもあるので、考えすぎると少し分からなくなります(笑)

きっと何度か見ていくうちに、分かってくるとこもあるんだろうね😆✨

 

あと、映像がとっても綺麗なの!✨

前作よりキレイなシーンが多いんじゃないかな?

私のところでは3Dは無かったけど、あるなら3Dで観た方が絶対いいです😆✨

【追記】

日本では、残念ながら3Dはないみたいですね😖

 

私の中での評価は高め!とっても面白かったです!

今回の続編もハマりすぎて、ディズニーストアでグッズを買っちゃいましたしね😆✨

ディズニーストア【アナ雪2グッズ】エルサのコスメセットがお得で可愛い!

続きを見る

また映画、観に行きたいと思います!

 

では、また次の更新まで、またね~😊

最後まで読んでくれてありがとうございます! もし少しでも参考になった方は、拡散してくれると嬉しいです(*^^*) そして、また見に来てね!✨

-その他
-,

© 2020 ゆーりんのレビューブログ